beWellbeingについて

スポンサーリンク
多様性のない組織/地域の成長が止まる理由 ~人の五感は慣れると、違うものを探し始める

すべての人にとって
たった一度きりの人生が
幸せであることを
めざして

スポンサーリンク

感性溢れる毎日を

感性を大切にできる暮らしから、

五感を感じる毎日で、自分の感性を再発見しよう。
いまという時間を大切に、丁寧に暮らすことは、きっと豊かな未来を築いていくことになるはずです。

私たちの生活のあらゆることは、未来へ繋がっています。
すべてが未来に繋がっている今は、未来を生きていることと同じといえます。

感性を大切にする毎日を、一緒につくっていきませんか?

beWellbeingとは

私たちが望む未来は、明日突然現れるわけではありません。

私たちの日々のすべては、未来への段取り

日々、何気なく過ごす日々。

その日々にある「ひとつ、ひとつ」が、未来をつくっていきます。

未来を見ながら、いまをしっかり生きる

今だけを見ていても、より良い未来は描けません。

一方で、未来だけ見ていても、今を犠牲にしては未来に繋がりません。

今をしっかり生きていくことで、未来が楽しみになっていきます。

そのひとつひとつが、未来を作っていくのです。

今を楽しみ、それが未来の楽しみに繋がっているのであれば、とてもワクワクしませんか?

そのためには、考えるよりも先に、「感じる」ことが大切です。

自分の今の気持ち、感情に向き合って、ゴールをイメージした時に、そこまで繋がりを感じます。

人とのつながり、時間とのつながり、その中で私たちは幸せを感じ、そしてどうやって全ての人が幸せで在り続けられるのかを考えていくことができます。

誰もが幸せになる、そんな意味を込めて、be Wellbeingと名付けました。

誰もが未来を変えられるアントレプレナーシップ

自分だけが幸せを追求しても、本当の幸せは見えてきません。自分以外の人が不幸であったとしたら、あなたは幸せを感じられるでしょうか。

自分を含むすべての人が幸せであることが、自分にとっても幸せであるのです。

その幸せを考えていくために、私が数多くの経験をしてきた起業家という要素を分解しました。

そこで見えたのは、「誰もが踏み出して社会を変えられる可能性を持っている」ということです。

これを経営論ではアントレプレナーシップと呼び、日本語では起業家精神と訳されていますが、私はしっくりきません。

これは鍛えるような精神ではなく、私たちがどのように感情を持ち合わせていくのかというマインド。

誰もが幸せになるにはどうしたらいいか?ということを考えると、私たちの行動や選択するひとつひとつが変わっていき、仕事やビジネスを通じたより多くの人が影響することについても、大きな変化を生み出すことができると思っています。

ぜひ一緒にきっかけを見つけて、踏み出していきましょう。

誰もが、一度きりの人生なのだから。

主宰 Koji Nakashima