綿から糸、そして服を想像してみよう

スポンサーリンク
社会・地球と感性

最初は3粒から始まったワタの種。

庭に植えたら増えると、ワタができた。

翌年にはお店(meets)で、種と作り方を配り始めた。

私たちが来ている服のことを、少しでも想像してみよう。

そんな意味を込めて。

 

種から芽が出て、葉が開く。

大きくなるとキレイな花が咲く。

ほおっておくと、白いフワフワのワタができる。

この中には、12〜16個ほどの、種が入っている。

 

この綿を紡ぐと、糸になる。

糸を編むと、布になる。

糸か布を染めることもある。

その布を繋ぎ併せて、服になる。

 

そんなたくさんの行程を経て

私たちの毎日に欠かせない、服になる。

 

ワタを見ていると、

これがまさか服になるとは思えない。

フワフワで、かわいい。

 

これを手で摘んで、

糸にするのだって、

一苦労。

 

巷では、

1着数百円のTシャツが売れている。

ファッションという名のオシャレのために、

たくさんの人の手を渡っている。

 

当たり前のような

当たり前でない

そんなことが

この綿を育てることで

気づけるといいな。

 

そんな想いで、お店で配っています。

またこの種も、

またどこかの庭先で、

新しいワタとなっていくのでしょう。

 

当たり前を

見直してみよう